懐かしいな。

資生堂プロフェッショナル

-BEUTY INNOVATORAWARD 2013-

ファイナリストに選出された時の作品。

IMG_0085

-公式サイトはこちら-

 

それから、3年弱…

 

 

タイトルを取れていません!!!!!

 

ちーん。。。

まぁそんなに甘くないか。

 

当時はJHAの授賞式に初めて参加して衝撃を受け、よくわかりもせずに作品撮りしてたな。

 

 

イメージのみ先行し、

テーマ、女性像、質感、形、形状…

なーんにもなしに、ただこんな感じかなーってやってた時期。

 

 

でも作品として、残る喜び、俺でもできるんだーって。

 

ただただ楽しくていつも作品撮りのことばっかり考えてた。

 

 

それから、作品を撮っては、コンテストに出し。

 

出版社に持ち込んでアドバイスをもらい。

 

クリエイションの先輩方と飲んで話して、勉強させて頂き。

 

講習に行き、雑誌を読んで。

 

 

また作って。

 

 

ここ2年はあっという間な気がします。

なんとなくだけど

最近になって少し見えてきた気がします。

 

作品として、見る人に何を伝えるか。

 

何を作りたかったのかを

説明なしでわかるほどの明確なインパクト。

 

細かいところまで詰めること。

 

ほんっと細かいところまで。

 

アイディアを具現化する技術力。などなど

 

いろいろなものが交わって一つの作品。

 

 

 

 

でも、やっぱり感覚派かなーw

 

 

本当、奥が深い!

じゃないと楽しくないのかも。

 

 

今月は6月18日がクリエイション撮影日

どんなん作ろーっかな。

 

FullSizeRender 7

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA