安売りはやめよう。

おはようございます。

 

書いてるのは夜中だけどw

 

葛西 シュヴー 美容師 浅利です。

 

今日は真面目に。

 

これはあくまでも個人の考えなので

 

御了承下さい。

 

今や当たり前になった安売りの美容室。

 

なぜやめようというのか?

 

その先に美容師の幸せがないと思うから。

 

美容師の平均年収は他業種に比べて

 

かなり低いのが現状。

 

もちろん高収入の方も大勢います。

 

 

 

美容業界では誤差はありますが、

 

生産性50万〜55万は普通

 

生産性60万以上は繁盛店

 

生産性40万台は潰れる

 

などとよく言われます。

 

生産性とは?

 

社員1人当たりいくら売り上げているか?

 

簡単に言うとそんな感じです。

 

でも実際はどうでしょう?

 

業界的には当てはまっているとは思います。

 

業界的には。

 

 

 

美容業界は休みが少ない。

 

給料が安い。

 

福利厚生がしっかりしていない。

 

厚生年金すらはいっていない。

 

社員旅行がない。

 

労働時間が長い。

 

よく聞きます。

 

一般の会社に比べて不安定なサロンが

 

多すぎます。

 

自分がいるサロンは

 

福利厚生もしっかりして

 

最初はわからなかったが、

 

今になって会長の考えに

 

つくづく感心します。

 

もちろん足りない部分もあると思いますが。

 

 

話が逸れましたが、

 

美容業界が一般の会社のように

 

週休2日、厚生年金、社員旅行、ボーナス

初任給、労働時間などなど

 

これらを同じに行えるようになるには

 

生産性80万

 

少し超えるには

 

生産性90万

 

羨ましがられ、美容師になりたいと

 

思う人が増えるには

 

生産性100万

 

が必要だと思います。

 

もちろんサロンの場所、規模、経営体系

 

それ以外の経営などなど

 

当てはまらないサロンもあるとは思いますが。

 

60万で繁盛サロンではなく

 

潤うのは上層部かと思います。

 

美容業でトップから新入社員まで全員が

 

本当の意味で幸せになるには

 

80万〜100万という生産性を達成しなければ

 

なりません。

 

それは業界全体が価値を高め

 

単価を上げていかなけれはなりません。

 

 

ある人が言っていたことなんですけど、

 

海外の人から見た日本のサロンは

 

「なぜカットが安いのか?」

 

練習のほとんどを使うと言っても

 

過言でないカット。

 

全体的に安すぎるとのこと。

 

違和感を感じでいなかったのは

 

自分自身基準が低かったのでしょう。

 

美容師は生涯勉強と言われます。

 

みんな毎日遅くまで勉強し頑張っています。

 

その価値を安売りしてはいけません。

 

美容学生に、そうなりたいと思っている人はいません。

 

 

 

安売りサロンが増えるのではなく

 

憧れるようなサロンが増えるといいなと

 

思っています。

 

 

もちろん美容師としての価値は

 

それ以外にもたくさんありますし、

 

ものすごく繁盛しているサロンもあると思います。

 

この話が全てではないです。

 

あくまで個人の考えを綴っただけです。

 

御了承下さい。

 

Zzz…

 

 

安売りはやめよう。” に対して2件のコメントがあります。

  1. ゆーたろ より:

    肝に命じます

  2. こじ より:

    さすがっすねー
    間違いないと思いますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

本日休日なり!

次の記事

X JAPAN HIDE BIRTHEDAY